INFORMATION

home

SICF TALK / WORKSHOP / PERFORMANCE / TOUR

SICFトーク
SICF18 の審査員や国内外のアートシーンの第一線で活躍するゲストを迎え、トークイベントを開催します。
トークは全て参加無料、申込不要です。ただし、スパイラルホール ホワイエ(スパイラル 3F)が会場となっているプログラムは、「SICF18」の入場券(1日券500円)が必要です。

「なぜデザインするのか?」
本年よりSICFのアートディレクションを手がけ、国内外のデザイン賞を受賞する、日本デザインセンター大黒デザイン研究室の大黒大悟氏が、 今回の多種多様なデザイン展開を通して伝えたかったことや、デザインのそもそもの目的や必要性について語ります。
日時 : 5月2日(火)17:30-18:30
会場 : スパイラルホール ホワイエ(スパイラル 3F)
登壇者 : 大黒大悟(日本デザインセンター大黒デザイン研究室)
聞き手 : 河尻亨一(銀河ライター、東北芸術工科大学 客員教授)

「作家として作り続けるために」
映像作家としてのみならず、教育現場や審査の立場などを通じて多方面からアートシーンを見る石田尚志氏が、自身の作品を振り返りながら、作家であり続けることの意義や難しさ、公募展参加の是非まで、作家活動をめぐるあれこれを本音で語ります。
日時 : 5 月 4 日(木・祝)15:30-16:30
会場 : スパイラルホール ホワイエ(スパイラル 3F)
登壇者 : 石田尚志(画家・映像作家、多摩美術大学 准教授)
聞き手 : 冠那菜奈(アートメディエーター)

「ボーダーラインに漂流する新しい表現は」
ヨコハマ・パラトリエンナーレ 2017 総合ディレクターを務める栗栖氏が、新たな表現領域を生み出し多方面に活動されている人に着目します。伝統楽器の箏に詩を組み合わせるなど新たな試みを行う澤村氏を招き、領域を超えた先にあるものとは、"新たな創造"についてお話しいただきます。
日時 : 5 月 5 日(金・祝)11:30-12:15
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
登壇者 : 澤村祐司(箏曲家)
     栗栖良依(SLOW LABELディレクター)

「劇場だけが舞台じゃない、『演劇』ってこれからどうなるの?」
舞台の上だけではなく公共の場でも演劇が繰り広げられる今日。演劇の見方や演ずる側にどのようなチャンスが広がっているのか、そもそも演劇とは?という疑問について、アーティストと世界を"繋ぐ"立場にいるお二人に伺います。
日時 : 5 月 6 日(土)15:00-16:00
会場 : スパイラルホール ホワイエ(スパイラル 3F)
登壇者 : 中村茜(株式会社プリコグ代表、パフォーミングアーツプロデューサー)
    林千晶(株式会社ロフトワーク 代表取締役)
聞き手 : 冠那菜奈(アートメディエーター)

「広げる、伝える、届ける。アートをつなぐお仕事」
アートフェスティバルが全国各地で行われ、アーティストが多様な場面で活躍するいま、作家と場をつなぎ、作品を鑑賞者とつなぐ人の存在がより重視されてきています。様々なアートの現場に携わった経験をお持ちのゲストスピーカーお二人に、アーティストを取り巻く環境について、客観的視点でお話いただきます。
日時 : 5月7日(日)15:30-16:30
会場 : スパイラルホール ホワイエ(スパイラル 3F)
登壇者 : 藪前知子(東京都現代美術館 学芸員、札幌国際芸術祭 2017 企画メンバー)
    工藤千愛子(ヨコハマトリエンナーレ 2017 コーディネーター)
聞き手 : 冠那菜奈(アートメディエーター)




SICFワークショップ/パフォーマンス
SICF17受賞者によるワークショップやパフォーマンスを始め、Restaurant Bar CAY(スパイラルB1)との連動企画として、イラストレーター永井博氏のワークショップを行ないます。

江頭誠 (SICF17 グランプリ)「まだまだお花見やってます☆Rose Blanket Viewing!!!2017」

egashira_workshop_s.jpg
江頭誠の新作アートワークと一緒に撮影したり、ロココ調の毛布のブランケットを敷いて、同じ素材で製作されたメガネやコート等を羽織ってみたり、作家と共に、思い思いの方法で作品を体験するイベントです。

日時:5月2日(火)13:00〜17:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
参加無料、申込不要。




高木あすか (SICF17 準グランプリ)「10000年経っても腐らない手紙」
takagi_workshop_s.jpg
漆を染み込ませた紙に"現代"を10000年先の誰かに向けて文字を残すワークショップです。

日時:5月4日(木・祝)14:00〜、15:00〜 (各45分程度)
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
対象:10歳以上
参加人数:各10名(要事前申込)
                参加費:500円
《申込方法》
メール件名に「SICFワークショップ申込」と記載し、メール本文に「氏名」「ご連絡先(電話番号・メールアドレス)」および参加する回(14:00〜/15:00〜)を記載の上、下記メールアドレスにお送りください。
sicf-event@spiral.co.jp(担当 : 倉持)

*体験当日は手袋を用意しますが、漆かぶれになる可能性があるので、ご了承の上ご参加ください。
*どうしても漆を触りたくない方は墨の使用で参加いただけます。
*漆は乾燥に1日かかるので、作品は後日郵送になります。

植松京子 (SICF17張熹賞)「ライブペイントパフォーマンス「産まれて生まれていく 」
uematsu_workshop_s.jpg
現実にあると信じる生命力を、エネルギッシュな表現で描き続ける植松京子が、自然発生的に独自の生命体を産みだし、命を最大限に引き出して画面に生きさせていく様子を、描き始めから完成までお見せするライブペイントパフォーマンスです。




日程:5月6日(土)13:00〜19:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
観覧無料、申込不要。

YAKUKAKU | MIWAKAKUTA(SICF17栗栖良依賞)/薬師寺典子 「コンテンポラリージュエリーと声によるパフォーマンス『域』」
YAKUKAKU_イメージ写真s.jpg
コンテンポラリージュエリーを制作するMIWA KAKUTAと声楽家の薬師寺典子による身体パフォーマンス。ジュエリーが体の中の空間を変え、声として放たれた音の変化から、人間が本来持つ内と外にある空間「域」を身体表現します。


日程:5月5日(金・祝)16:30-17:00
会場:スパイラルガーデン(スパイラル1F)
観覧無料、申込不要。

SICF18 × CAY 連動企画

「イラストレーター 永井博ワークショップ」
nagai_workshop_s.jpg
日時: 5月 5日(金 ・祝) Open 13:00 / Start 13:30
8 0 年代以降のカルチャーを牽引してきた永井博の展覧会「"T・R・O・P・I・C・A・L - L・A・N・D・S・C・A・P・E" 」開催に合わせて、SICFと連動したワークショップを開催します。
プールやパームツリーなど、永井博のイラスト世界を実写サイズに拡大して 、みんなでペイント!
一緒に永井博ワールドを描きましょう !


会場:スパイラルホール ホワイエ(スパイラル 3F)
対象:高校生以上
参加人数 : 先着20名(要事前申込)
参加費 : 無料 ※ 「SICF18」の入場券(一日券500円)が必要となります。
詳細・申込方法はこちら



SICFツアー
スタッフが SICF をとことん楽しむためのポイントをレクチャーします。その後に、実際にブース作品を"観て"、出展者に作品の話を"聴いて"、参加者みんなで感想を"話す"、来場者参加型のツアーです。
日時 : 5 月 3 日(水・祝)、4 日(木・祝)、6 日(土) 13:00-14:30
会場 : スパイラルホール(スパイラル 3F)
ツアー企画監修:冠那菜奈(アートメディエーター)
※ 「SICF18」の入場券(一日券500円)が必要となります。
※参加希望者は各回の開始時間にスパイラルホール ホワイエ(スパイラルホール 3F)にお越しください。