JP / EN

ABOUT SICF

【開催延期】タナカマコト展「タダのカミ様」

Spiral Paper 創刊号 アートワーク Photo : Saori Tao

 

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、2020年4月8日(水)よりスパイラルは緊急事態宣言終了まで臨時休館をいたします。それに伴い、4月13日よりMINA-TO(スパイラル1F)にて開催を予定しておりました「タナカマコト展『タダのカミ様』」を延期することに決定いたしました。延期日程は、決定次第、本ページにてお知らせします。なお、《タダのカミ様》作品10点につきましては、Spiral Online Storeにて、予定通り4月13日(月)11:00から販売いたします。(2020.4.8更新)

 

レシートや書籍に印字された言葉を残しながら形を切り抜いたり、写真を切り抜くことで、媒体のもつ意味と切り抜かれた形を関連づける独自のスタイルで活動する切り絵作家、タナカマコト。近年は、ナオト・インティライミ《しおり》のミュージックビデオ(2018年)や、資生堂のメイクアップブランド「MAJOLICA MAJORCA」の10周年記念スペシャルムービー(2013年)に作品を提供するなど、コマーシャル分野でも目覚ましく活躍しています。

本展では、2020年3月30日に発行されたスパイラルの広報紙Spiral Paper no.152 の為に制作された、Spiral Paper創刊号をメディアとした切り絵のアートワークの展示と、スパイラルが主催するアートフェスティバル「SICF20(第20回スパイラル・インディペンデント・クリエイターズ・フェスティバル)」にて、出展者150組の中からグランプリに選ばれた受賞作《タダのカミ様》の展示・販売を行ないます。

本展と同時に、4月13日(月)11:00より、Spiral Online Storeにて、《タダのカミ様》の展示・販売をスタート。オンラインで自宅にいながら作品観賞をお愉しみいただけます。

 

Spiral Paper 創刊号 アートワーク

 

作家コメント
Spiral Paperの創刊号を素材としていただいたので、”誕生”をテーマに制作しました。大きく開いた手からエンターテイメントが生み出される様をイメージしています。 切り進めていく内に指の形が鳥や魚に見え、それら全てがSPIRALという手の平から飛び出す。その勢いは悪人であるマックザナイフをも陽気なおじさんへと変身させてしまうのです。 穴が増えていく毎に創刊時の1985年と繋がっていくようで楽しかったです。

YOU TUBE

 

タダのカミ様

タナカが生活を送る上で得たレシートをメディアとして、そこに印字された商品名や店名など一部の言葉を残しながら、その言葉の意味から連想された形の神様を切り出したシリーズ作品です。人間の欲望の証拠とも言えるレシートを、神様のフォルムにして浄化するといったユーモア溢れる発想から生まれた本作。本展では、新作を含めた39体の個性豊かな神々の曼荼羅が登場します。

 

《タダのカミ様》Photo : TADA(YUKAI)

プロフィール

 

 

タナカマコト tanaka macoto
1982年生まれ。2006年東京工芸大学芸術学部映像学科卒業。下書きなしのフリーハンドで切り絵を制作、レシートや書籍に印字された言葉を残しながら形を切り抜いたり、写真を切り抜くことで、媒体のもつ意味と切り抜かれた形を関連づける独自のスタイルで活躍する。
主な受賞に、「SICF20」EXHIBITIONグランプリ、「汐博2010」シオサイト賞。主な個展に、「切りひらひらく」(2020年、スパイラル、東京)、「変身-henshin-」(2018年、サンシャイン展望台 SKY CIRCUS、東京)。そのほか、ナオト・インティライミ《しおり》ミュージックビデオ制作(2018年)、ニトリTVコマーシャル(X’mas篇)制作(2014年)、MAJOLICA MAJORCA10周年記念スペシャルムービー制作(2013年)など、さまざまな場面で活躍の場を拡げている。
tanakamacoto.main.jp

 

開催概要

会期 : 2020年4月13日(月)– 28日(火)11:00 – 20:00
会場 : MINA-TO(スパイラル1F)
お問い合わせ先 : 03-3498-4015(スパイラル代表)

 

Spiral Paper no.152

スパイラルの広報紙「Spiral Paper」では、2019年11月発行号から2020年秋発行号まで4回にわたり、スパイラル創立35周年特集を組んでいます。3月30日発行の特集2号目となるno.152では、「スパイラルとインキュベーション」をテーマに、若手作家の発掘・育成・支援といったインキュベーションを目的とするアートフェスティバル「SICF」に13回にわたって審査員を務めた、森美術館特別顧問、南條史生による寄稿文を掲載しています。ポスター面のアートワークはSICF20のグランプリアーティスト、タナカマコトが手がけています。

 

(左)表紙 (右)ポスター面 : タナカマコト Spiral Paper 創刊号 アートワーク Photo : Saori Tao