JP / EN

ARCHIVES

SICF22 Online 説明会

 

新部門「MARKET」を設立し、日程ごとの会期が4日間に拡大となった、今年のSICF22。今回の変更点を含むSICF22の概要のほか、SICFでの「出会い」から拡がったクリエイターの活躍など、SICFの魅力がわかる説明会を開催します。

ゲストには、SICF20でグランプリを受賞した切り絵作家、タナカマコトさんをお迎えして、スパイラルとの協業やその後の活躍についてお話いただきます。SICF22の審査員、加藤育子(スパイラル キュレーター)と西村直子(スパイラル 販売部物販課商品担当チーフ)を含めたQ&Aタイムも実施。SICFの魅力がわからない、応募を迷っている、そんな方はぜひご参加ください。

 

■ 開催概要

SICF22 Online 説明会
会期:2021年6月21日(月) 19:30〜(約60分)
参加無料

Zoomウェビナー形式で開催
参加希望の方は事前に、こちらよりお申し込みください。

 

■スケジュール(予定)

19:30〜 Spiral/SICF22の説明
19:55〜受賞者の声(タナカマコト)
20:05〜審査員挨拶(加藤育子・西村直子)
20:15〜Q&Aタイム
20:25〜アンケート

お問い合わせ: sicf-spiral@spiral.co.jp
主催 : 株式会社ワコールアートセンター
企画制作 : スパイラル

 

■ プロフィール

 

タナカマコト(SICF20グランプリ)
ハサミ一つで切り絵をする切り絵作家。 大まかな下書きをしないでフリーハンドで切り絵を制作。レシートや書籍に印字された言葉を残しながら形を切り抜いたり、写真を切り抜くことで、媒体のもつ意味と切り抜かれた形を関連づける独自のスタイルで活躍する。 近年ではCDジャケットデザインやTVCM、WEBCM、ミュージックビデオ、店内装飾など、切り絵を通して活躍の幅を広げている。
WEB
Instagram
作品販売サイト

加藤育子(スパイラル キュレーター)
東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了後、スパイラル/株式会社ワコールアートセンター入社。ギャラリー担当ならびに同チーフ、マネージャー等を経て、現職。現代美術を中心とする展覧会の企画制作業務をベースに、館内の新規プログラム開発なども担当。担当した主な展覧会に「小金沢健人展『煙のゆくえ』」(2016年)、「Rhizomatiks 10」(2017年)、Ascending Art Annualシリーズ「すがたかたちー『らしさ』とわたしの想像力」(2017年)、「まつり、まつる」(2018年)、「うたう命、うねる心」(2019年)など。

西村直子(スパイラル 販売部物販課商品担当チーフ)
アパレルメーカー、インテリアショップ勤務を経て、2004年株式会社ワコールアートセンター入社。スパイラルマーケットのテーブルウェアのバイヤー、全店舗を統括するチーフバイヤーを経て、2021年より現職。ヨーロッパを中心とした海外バイイングのほか、日本の産地と協業しオリジナル商品を企画開発するなどスパイラルマーケットの主要なMD業務に携わる。若手作家対象のものづくりについての講義を行なうなどのクリエイター支援活動にも従事。主な企画に、ものづくりにスポットをあてた展覧会「つくりて×えがきて=プロダクトの生まれかた展」(2012年)。