JP / EN

SICF24

SICF24 Online 説明会

説明会では、SICF24の概要のほか、SICFでの「出会い」から拡がったクリエイターの活躍など、SICFの魅力がわかる説明会を開催します。ゲストとして過去にSICFにご出展いただいたクリエイターをお迎えし、SICF出展時のお話やその後のスパイラルとの協業についてお話いただきます。その他、SICF24の審査員、加藤育子(スパイラル キュレーター)と西村直子(スパイラル 販売部 商品課長 統括バイヤー)を含めたQ&Aタイムも実施。SICFの魅力を知りたい、応募を迷っている、そんな方はぜひご参加ください。

 

 

■ 開催概要

SICF24 Online 説明会
日時:
①2022年12月8日(木)19:00〜(約60分)→ 終了しました。
②2023年1月12日(木) 19:00〜(約60分)→ 終了しました。
参加無料

Zoomウェビナー形式で開催。事前申込制。下記よりお申し込みください。
12月8日(木)開催分はこちら(終了しました。)
1月12日(木)開催分は(終了しました。)

 

 

■スケジュール(予定)
19:00〜 Spiral/SICF24の説明
19:25〜受賞者・出展者の声*
19:35〜審査員挨拶(加藤育子・西村直子)
19:45〜Q&Aタイム
19:55〜アンケート

*ゲストとして、①12月8日(木)は、ムラタトモコさん(SICF22 出展)を、②1月12日(木)は谷敷謙さん(SICF21ワコールスタディホール京都奨励賞・オーディエンス賞B日程)を お迎えします。

 

お問い合わせ: sicf-spiral@spiral.co.jp
主催 : 株式会社ワコールアートセンター
企画制作 : スパイラル

 

 

【SICF24 Online 説明会】アーカイブ動画

この動画は2023年1月12日(木)開催した、SICF24 Online 説明会のアーカイブ動画です。
* 12月8日(木)開催分の出展者の声(ムラタトモコ)もあわせて収録しています。

 

 

■プロフィール

 

谷敷謙(アーティスト)

谷敷謙は、木目込みという日本固有のテキスタイルの技術をペインティングの手法として捉え直し、 新しい絵画表現の実施をしています。江戸時代にルーツを持ち、寺社建築の端材を人形に用いることで 生まれた木目込みを、谷敷は自身の経験をベースにしながら再解釈し、使用する素材を古着や廃材に絞り、 元々の持ち主に由来する身体性、時間、生の感覚、そして素材となる古着が元来そなえていたブランド コンセプトを汲み取り、絵画という形態に置換しながら語り継ぎ、それと同時に祈りや願いを込める という木目込みや伝統工芸の特有の文化や価値を現代へとリプレイスしています。

 

これまでの主な個展に「FLOW & CONNECT」(HIRO OKAMOTO、2022、東京)、 「PAUSE」(eplus LIVING ROOM CAFE&DINING、2021、東京)、「touch point」(ワコールスタディホール京都、2021、京都)があり、また主なグループ展として「手で創る -森英恵と若いアーティストたち-」 展 (水戸芸術館、2009、茨城)、「section」(スパイラルホール、2021、東京)等に参加してきました。

 

Instagram

 

 

ムラタトモコ(イラストレーター/テキスタイルデザイナー)

東京造形大学造形学部美術学科絵画専攻卒業
文房具の商品企画、テキスタイルメーカーの企画デザインを経て、活動開始。
「心にそっと寄り添い、小さな幸せを感じられるデザイン」をテーマに、暮らしの中で心に留まった風景を図案に落とし込みテキスタイルやドローイングで表現している。
オリジナルテキスタイルや紙ものの制作、イラストレーション連載や企業コラボレーションデザインを手がける。

 

Website      Instagram

 

Photo:縣 健司

 

 

加藤育子(スパイラル キュレーター)
東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了後、スパイラル/株式会社ワコールアートセンター入社。ギャラリー担当ならびに同チーフ、マネージャー等を経て、現職。現代美術を中心とする展覧会の企画制作業務をベースに、館内の新規プログラム開発なども担当。担当した主な展覧会に「小金沢健人展『煙のゆくえ』」(2016年)、「Rhizomatiks 10」(2017年)、Ascending Art Annualシリーズ「すがたかたちー『らしさ』とわたしの想像力」(2017年)、「まつり、まつる」(2018年)、「うたう命、うねる心」(2019年)など。

西村直子(スパイラル 販売部 商品課長 統括バイヤー)
アパレルメーカー、インテリアショップ勤務を経て、2004年株式会社ワコールアートセンター入社。スパイラルマーケットのテーブルウェアのバイヤー、全店舗を統括するチーフバイヤーを経て、2021年より現職。ヨーロッパを中心とした海外バイイングのほか、日本の産地と協業しオリジナル商品を企画開発するなどスパイラルマーケットの主要なMD業務に携わる。若手作家対象のものづくりについての講義を行なうなどのクリエイター支援活動にも従事。主な企画に、ものづくりにスポットをあてた展覧会「つくりて×えがきて=プロダクトの生まれかた展」(2012年)。