JP / EN

SICF19

SICF18 Winners Exhibition

SICF19と同時開催で、前回のSICF受賞者が作品展示、パフォーマンスを展開。

SICF18 Winners Exhibition

2018年4月28日(土)– 5月6日(日) 11:00-20:00

 

SICF18グランプリ

東城 信之介

Su-pa-ca-
相模原に何十年も放置されてきた車(1965製造)。
サーキットを走っていたらしく目は潰されている。
半世紀という実感の無さに何を見てどうタギングできるのか。

SICF18準グランプリ

クラトミ タカユキ

またこの場所で
切り出された鉄板を叩き、繋ぎ合わせて徐々に姿を現してくる鉄の住人たち。
街の中にあって時間がゆったりと流れる空間に、少しでも足を止めて貰えたらと思っています。

SICF18準グランプリ・オーディエンス賞

(euglena)

watage
手のひらに乗せても感知出来ない重さの綿毛。
その集積であるwatageは今まで鑑賞者が知覚していなかった微かな大気の流れを見せる。
儚げなwatageはいつまで揺れ続けるのか。
いずれこの作品が朽ちた時、土に植えまた芽吹く日を夢見る。

石田尚志賞

長 雪恵

日常の先にある虚構の世界の現実
日常や生活をテーマに制作しています。「生きていく事」とは…「優しさ」の裏にある「残酷さ」・「楽しさ」の裏にある「つらさ」・「あたたかさ」の裏の「冷酷さ」・「かわいさ」の裏にある「醜さ」。
裏に隠された「憂い」も含めて『生活=生きていくこと』なんだなぁと。

栗栖良依賞

黒田 恵枝

GRAVE1
これはひとつの死生観のかたち。

張熹賞

角谷 沙奈美

call my name
何気ない風景や物事をモチーフとして絵画制作を行っています。
どこかで見たことがあるような無いような日常の中に埋もれてしまう、 そんな名もなき記憶に思いを馳せるきっかけを作る事が出来たら嬉しいです。

4月29日(日・祝)SICF19 × ホルベイン協力企画ワークショップ「“私のお気に入り” を描いてみよう」を開催!

詳細はこちら

中村茜賞

金親 敦

Mask
アニミズムをテーマにマスクを編みました。アニミズムとは、生物・無機物を問わないすべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っているという考え方です。
糸が私の手を通り、編まれて形を成すことで、そこに何かが宿る気がしています。

森永邦彦賞

河本 蓮大朗

Weaving#23
私は素材に興味がある。そして素材という実存は常に私の作品の中心にある。
触れることのリアリティ、作ることのリアリティ、見ることのリアリティ。
情報にあふれた現代社会において、実際に体験して、感覚器官を使って感じることができる物の強さを私は信じている。

藪前知子賞

名倉 達了

展開視 #2 – Fountain –
私たちの生活を彩る石材は、世界の欠片である。深い暗闇のなかから切り出された石の表層に触れ、ある尺度を超えた時間に想いを馳せる。
世界の欠片を繋ぎ、イマジネーションを拡張する空間を展開したい。

スパイラル奨励賞

福重 美幸子

VOICES
受賞作の発展形で同じく声“VOICE”をテーマにした作品です。
今回は複数の人が複数箇所から声を吹き込み、それを集約する形の作品となっています。
「声を残すこと」と同時に雑多な世界から音を拾い「傾聴すること」もテーマにしています。

 

 

SICF18 Winners Exhibition

2018年4月28日(土)– 5月6日(日) 11:00-20:00

会場

スパイラルガーデン(スパイラル1F)

 

出展者

東城信之介(グランプリ)、クラトミタカユキ(準グランプリ)、euglena(準グランプリ・オーディエンス賞)、長雪恵(石田尚志賞)、黒田恵枝(栗栖良依賞)、角谷沙奈美(張熹賞)、金親敦(中村茜賞)、河本蓮大朗(森永邦彦賞)、名倉達了(藪前知子賞)、福重美幸子(スパイラル奨励賞)

 

入場無料

 


SICF18 Winners Performance

2018年 5月6日(日) 14:00-16:00

栗栖良依賞 14:00-

tantan

自己独立宣言
①自己の気持ち、感情を尊厳し、幸福、自由、平等のための宣言。
②各個体が一つ一つ独立していること。
③各個体が独立したがために、独立人同士で争うことなく同盟を組むこと。
④独立を強さ、弱さ、年齢、地位、名誉などで固めないこと。
⑤ちゃんと結果で提示すること。

中村茜賞 14:30-

西尾佳織ソロ企画

遠い親密
劇作家、演出家、鳥公園主宰の西尾佳織が、昨秋主催したワークショップ「一人でつくる」で出会ったカンノケントと作品をつくります。この世はまぼろし~ 全てはまぼろし~ うう~うう~うう~♩♪♬♫♪

最優秀賞 15:15-

関川航平

強く移動する
様々な形での「移動」について考えていました。
移動できたこと/移動してしまったこと/距離や時間/強い移動について。

 

 

SICF18 Winners Performance

2018年 5月6日(日) 14:00-16:00

会場

スパイラルガーデン(スパイラル1F)

 

出演スケジュール

14:00- tantan(栗栖良依賞)
14:30- 西尾佳織ソロ企画(中村茜賞)
15:15- 関川航平(最優秀賞)

 

観覧無料