NEWS

home

May 04, 2016

SICF17受賞者決定!

SICF17各受賞者が決定しました!

April 22, 2016

SICF17当日イベント決定!

SICF17開催期間中はクリエーターをめざす学生に向けたトークイベントなど、関連イベントを開催します。

April 21, 2016

SICF17 審査員に張熹さんが決定!

Halcyon Gallery 翡翠中国CEO チーフディレクター、張熹さんが審査員に決定しました。

April 14, 2016

vol.18 SICF受賞者特別対談 神楽岡久美 × 小竹信節 アップしました!

SICF過去受賞者が「SICF」出展をきっかけにどのような活躍をしているのかをご紹介するシリーズ企画【SICF受賞者特別対談】vol.18を公開!
アーティストの神楽岡久美さん(「SICF16」グランプリ 受賞)と、舞台芸術 アートディレクター小竹信節さんに多様な問題を抱える現代において、アーティストとして引き受ける役割について語っていただきました。

February 02, 2016

SICF17 審査員に木村絵理子さんが決定!

横浜美術館・主任学芸員、木村絵理子さんが審査員に決定しました。

January 06, 2016

vol.17 SICF受賞者特別対談 okada mariko × 栗栖良依 アップしました!

SICF過去受賞者が「SICF」出展をきっかけにどのような活躍をしているのかをご紹介するシリーズ企画【SICF受賞者特別対談】vol.17を公開!
アーティストのokada marikoさん(「SICF11」南條史生賞 受賞)と、スローレーベル ディレクター栗栖良依さんに2人をつなぐ「スローレーベル」とそれぞれの活動の軌跡、そして、きっかけとしてのSICFについて語っていただきました。

詳細はこちら

December 18, 2015

vol.16 SICF受賞者特別インタビュー 渡邉千夏 アップしました!

SICF過去受賞者が「SICF」出展をきっかけにどのような活躍をしているのかをご紹介するシリーズ企画【SICF受賞者特別インタビュー】vol.16を公開!「かがみのえほん」の作家、渡邉千夏さんをお迎えし、SICF参加までの軌跡とその後の展開、そして自身が目指す作品のあり方について語っていただきました。

詳細はこちら

November 06, 2015

SICF17 審査員に岡本美津子さんが決定!

東京藝術大学大学院映像研究科教授、NHK Eテレ「2355・0655」プロデューサーでもある、岡本美津子さんが審査員に決定しました。

November 03, 2015

SICF17出展者募集開始

2015年11月1日より2016年5月に開催する「SICF17」の出展者募集を開始しました!エントリーページより応募要項をご覧いただけます。http://www.sicf.jp/entry/

April 10, 2015

アーホ!賞設立

フジテレビ系列で深夜に放送されている、世界がかわるバラエティー「アーホ!」は、「芸術ってとっても笑いに満ちている!」という観点から、司会の千原ジュニアさん、中川翔子さん、そして「美術手帖」編集長岩渕貞哉さんに加え、多彩なゲストの方々が、毎回若手作家を楽しく分かりやすく紹介している番組です。
過去、SICF出展を機に発掘されたクリエーターが番組に出演・紹介されたというつながりから、SICF16では、放送作家の倉本美津留さんを審査員としてお迎えし、その独特の鑑定眼で審査していただくことになりました。どの出展者が「アーホ!」賞を獲得するか?!
アートをアーホな視点で見てみてたら、新たな世界が開けるかもしれません!


a-ho7_08.jpeg
SICF15グランプリ受賞・山本優美さん番組出演時の様子(2014年6月17日放送)


a-ho7_03.jpeg
SICF15浅井隆賞受賞・長谷川依与さん番組出演時の様子(2014年6月17日放送)


《アーホ!賞審査員》
1d8467ac139cd9e6b36190026dad3429d6cadf75big.jpg倉本美津留(放送作家)

世界を平和に導く行為、それがアートだと思っています。参加する表現者の皆さんは、自分にしかできないオリジナリティー満載の作品で勝負してください。独創的な発想で鑑賞者を刺激して、人間のオモシロ脳には限界がないことを証明してください。遠慮せずに「なんちゅうアホな発想やねん!」とツッコマレてください!目指せ人類皆アーホ!そこに世界平和がある!!

PROFILE
放送作家。「ダウンタウンDX」Eテレのこども番組「シャキーン!」などを手がける。こんなの見たことない!という感覚をもたらしてくれるアート作品を、大阪弁の褒め言葉とかけて「アーホ」と提唱。同タイトルのアート番組も企画構成している。
これまでの仕事に「ダウンタウンのごっつええ感じ」「M-1グランプリ」「伊東家の食卓」「たけしの万物創世記」他。またミュージシャンとしても活動。近著に「明日のカルタ」など。